[[FrontPage]]
#navi(../)


 rsync
 rsync使用法:
 
 rsync はWindowsのxcopyコマンドみたいなものです。
 
 /homeディレクトリ以下をまとめてコピーするということが簡単に実現できます。
 
 また、2回目以降のコピーでは更新や追加されたファイルだけがコピーされるので、バックアップが短時間で終わります。削除したファイルはバックアップ先でも削除されるため、バックアップ元とバックアップ先の内容をまったく同じに保つことも可能です。
 
 例として、同一HDDの別のディレクトリにバックアップをとる。
 
 var/backupディレクトリを作成し、その中に/homeディレクトリ以下の内容をまるごとコピーする。
 
 # mkdir /var/backup
 # rsync -a --delete /home /var/backup
 rsyncの書式は「rsync (オプション) (コピー元) (コピー先)」となっている。指定できるオプションは次の表のようになっている。
 
 たとえば「-a --delete」はコピー元とコピー先を同期させたいときに使うオプションだ。
 
 -v --verbose 転送情報を詳しく表示 
 -q --quiet 転送情報を表示しない 
 -c --checksum 常にチェックサムを行う 
 -a --archive アーカイブモード(-rlptgoD オプションと同義) 
 -r --recursive ディレクトリで再帰的に実行する 
 -R --relative 相対パス名を使う 
 -b --backup バックアップを作成する(デフォルトで ~ が付く) 
 --suffix=SUFFIX バックアップのサフィックスを変更 
 -u --update アップデートのみ許可(上書き禁止) 
 -l --links ソフトリンクを維持する 
 -L --copy-links ファイルのようにソフトリンクを扱う 
 --copy-unsafe-links 送信側ツリー外のリンクをコピー 
 --safe-links 受信側ツリー外のリンクを無視 
 -H --hard-links ハードリンクを維持する 
 -p --perms パーミッションを維持する 
 -o --owner オーナーを維持する (root のみ) 
 -g --group グループを維持する 
 -D --devices デバイスを維持する(root のみ) 
 -t --times タイムスタンプを維持する 
 -S --sparse 密度の低いファイルを効率的に扱う 
 -n --dry-run 実行時の動作だけを表示 
 -W --whole-file rsyncアルゴリズムを使わない 
 -x --one-file-system 再帰的に実行された時にファイルシステムの境界を横断しない 
 -B --block-size=SIZE rsyncアルゴリズムのチェックサムブロックサイズの制御(default700) 
 -e --rsh=COMMAND rshの代替を指定 
 --rsync-path=PATH リモートのマシーンでrsyncのコピーへのパスを指定 
 -C --cvs-exclude システム間で転送したくない広範囲のファイルを除外(CVSの方法と同じ) 
 --delete 送信側にないファイルを削除 
 --delete-excluded 受信側にあるexcludファイルも削除 
 --partial 転送途中のファイルを保存します 
 --force ディレクトリが空でなくても削除 
 --numeric-ids ユーザとグループのid番号を転送して、転送後にマッピング 
 --timeout=TIME IOタイムアウトを設定(秒) 
 -I --ignore-times タイムスタンプとファイルサイズのチェックをしない 
 --size-only タイムスタンプのチェックをしないで、ファイルサイズのチェックだけをする 
 -T --temp-dir=DIR tmpファイルのディレクトリを指定 
 --compare-dest=DIR 受信側のファイルと比較するための追加ディレクトリ 
 -z --compress 受信ファイルを圧縮compressfiledata 
 --exclude=PATTERN パターン一致するファイルを除外 
 --exclude-from=FILE ファイルに記述されたパターンと一致するファイルを除外 
 --include=PATTERN パターン一致するファイルを除外しない 
 --include-from=FILE ファイルに記述されたパターンと一致するファイルを除外しない 
 --version rsyncのバージョンを表示する 
 --daemon rsyncをデーモンとして走らせる 
 --config=FILE 別のrsyncd.confファイルを指定 
 --port=PORT 別のrsyncポート番号を指定 
 --stats rsyncアルゴリズムの転送効率を表示 
 --progress 転送中の情報を表示 
 --log-format=FORMAT ログフォーマットを指定 
 --password-file=FILE ファイルからパスワードを得る 
 -h --help このヘルプを表示する 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
#navi(../)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS