#navi(../)
**VM Guestのセットアップ [#o5691b92]
*** [#a014d1cc]
-メモリは1GB以上を確保します。
-ディスク容量も32GB以上確保します。
-VM Guestを作成する際、Default設定のまま作成すると以下のメッセージのところでインストールが停止してしまいます。
#ref(VM_0144.JPG,right,nowrap,,,,nolink,,,80%,);
~
-VM Guestの設定画面[システム]-[マザーボード]-[拡張機能]で「IO APICを有効化」にチェックを入れると回避できました。
>http://ja.wikipedia.org/wiki/APIC#IOAPIC

#ref(VM_0145.JPG,right,nowrap,,,,nolink,,,80%,);
~

-OSインストール時に/tmp領域を1GB以上確保します。
#ref(VM_0148.JPG,right,nowrap,,,,nolink,,,50%,);
~
-パッケージの選択で「Oracle Validated」を選択すると便利
--「今すぐカスタマイズする」-[ベースシステム]-[システムツール]-[オプションパッケージ]-「oracle-validated」にチェックを入れる。
~
~
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
**環境整備 [#ob175143]
***YUMセットアップ [#i0f3206c]
-Unbreakable Linux Network サポートなしの Oracle Linux インストールの場合は、Oracle Public yum サーバーと yum クライアントを使用して更新をインストールします。
--方法は[[http://public-yum.oracle.com/:http://public-yum.oracle.com/]]に記載されている通りです。
 # cd /etc/yum.repos.d
 # wget http://public-yum.oracle.com/public-yum-el5.repo
--Yum の構成ファイルを編集することによって、適切なリポジトリを有効にします。
>Yum の構成ファイルをテキスト エディターで開く
>更新するリポジトリのファイル内のセクションを見つけます
> [el5_ga_base],[ol5_u7_base],[el5_addons],[el5_oracle_addons]
>変更を有効に有効にするには 0 を = 1
>対象のOSバージョンを確認してリポジトリを登録します。

***Guest Addtionsインストール [#j6f30b47]
--[[http://www.evita.no/ikbViewer/soa-bloggen/artikkel/61493/virtualbox:-guest-additions-in-oracle-linux-v6-u1-64bit:http://www.evita.no/ikbViewer/soa-bloggen/artikkel/61493/virtualbox:-guest-additions-in-oracle-linux-v6-u1-64bit]]
--[[https://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?threadID=2267821:https://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?threadID=2267821]]
-Guest Additions のインストールの準備
--必要なパッケージをインストールします。
 # yum install gcc make kernel-uek-devel
>「kernel-uek-devel」の部分は環境に依存します

--
 # mount -o exec,remount -t iso9660 /devhdc /media/VBOXADDITIONS_4.1.6_74713/
 # cd /media/VBOXADDITIONS_4.1.6_74713/
 # sh VBoxLinuxAdditions.run
 
 Verifying archive integrity... All good.
 Uncompressing VirtualBox 4.1.6 Guest Additions for Linux.........
 VirtualBox Guest Additions installer
 Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules           [  OK  ]
 Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
 Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
 Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
 Building the shared folder support module                  [  OK  ]
 Building the OpenGL support module                         [失敗]
 (Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
 Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
 Installing the Window System drivers
 Installing X.Org 7.1 modules                               [  OK  ]
 Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
 You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
 the guest system) to enable the Guest Additions.
 
 Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]
 
 # reboot
&br;&br;&br;

#navi(../)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS