#navi(../)
*Oracle 10g のインストール [#k0a696f9]
OS固有の設定

/etc/redhat-release の内容を変更して,OSがEnterprise Linuxだとインストーラに認識させます。

 # cd /etc
 # cp -p redhat-release redhat-release.org
 # echo 'Red Hat Enterprise Linux AS release 3 (Taroon)' > redhat-release

カーネルパラメータの設定は下記を /etc/rc.d/rc.local に追加しておきます。

 echo 250 32000 100 128 > /proc/sys/kernel/sem
 echo 2147483648 > /proc/sys/kernel/shmmax
 echo 65536 > /proc/sys/fs/file-max
 echo 1024 65000 > /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
 ulimit -n 65536
 ulimit -u 16384

グループとユーザーの作成

 # groupadd -g 501 oinstall
 # groupadd -g 502 dba

 # useradd -u 501 -g oinstall -G dba -d /home/oracle -m -s /bin/bash oracle
 # passwd oracle
 Changing password for user oracle.
 New password:
 Retype new password:
 passwd: all authentication tokens updated successfully.


インストールディレクトリの作成

 # mkdir -p /u01/app/oracle
 # chown oracle:oinstall /u01/app/oracle
 # chmod 775 /u01/app/oracle


CD?ROMのマウント

 # mount /mnt/cdrom


環境変数の設定

 # su - oracle
 $ vi .bash_profile


以下を追加します。(DISPLAY,SID環境変数は環境によって変更します。)

 # For Oracle10g
 export DISPLAY=192.168.0.202:0.0
 export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
 export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/10.1.0/db_1
 export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/nls/data
 export ORACLE_SID=ora10
 export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC
 export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH
 export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib:$ORACLE_HOME/lib
 export LANG=ja_JP.eucJP
 export TERM=vt100
 umask 022


設定を反映します。

 $ . .bash_profile

インストールの開始

 $ /mnt/cdrom/runInstaller


しばらくすると Welcome 画面が起動します。

インベントリ・ディレクトリおよび接続情報の指定

既に入力されている値は変更しないで次へ。
orainstRoot.sh スクリプトの実行

別のコンソールを起動して、rootユーザから orainstRoot.sh スクリプトを実行します。スクリプトを実行したら、Continueボタンをクリックします。

# cd /u01/app/oracle/oraInventory/
# ./orainstRoot.sh
Creating the Oracle inventory pointer file (/etc/oraInst.loc)
Changing groupname of /u01/app/oracle/oraInventory to oinstall.


インストール先の指定

Destination Path: に $ORACLE_HOME が反映されているのを確認し、次へ。
インストール・タイプの選択

Product Languages... ボタンをクリックします。

Japanese を追加して、 OK ボタンをクリックします。インストールタイプを選択して、次へ。
システム要件のチェック

途中、openmotif-2.1.30-11 以上がインストールされていないと下記のメッセージがでてとまります。

Checking for openmotif-2.1.30-11; found Not found.	Failed <<<<

今回は無視してWarningにチェックを付けて次へ進めます。
データベース構成の選択

Do not create a starter database を選択して、データベースの作成は後にします。
インストールの開始

確認後 install をクリックして、インストールを開始します。
root.shスクリプトの実行

別のコンソールを起動して、rootユーザから root.sh スクリプトを実行します。

# cd /u01/app/oracle/product/10.1.0/db_1/
# ./root.sh
Running Oracle10 root.sh script...
\nThe following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /u01/app/oracle/product/10.1.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...

Creating /etc/oratab file...
Adding entry to /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
/etc/oracle does not exist. Creating it now.
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
Oracle Cluster Registry for cluster has been initialized

Adding to inittab
Checking the status of Oracle init process...
Expecting the CRS daemons to be up within 600 seconds.

Giving up: Oracle CSS stack appears NOT to be running.      <-- ※
Oracle CSS service would not start as installed
Automatic Storage Management(ASM) cannot be used until Oracle CSS service is started

※ なぜか init.cssd の初期化に失敗しているみたいです。 <--ご存知の方教えてほしいです。
とりあえず /etc/inittab 内の以下の行をコメントにしておきます。。。

#h1:35:respawn:/etc/init.d/init.cssd run >/dev/null 2>&1 </dev/null

スクリプトを実行したら、OKボタンをクリックします。
インストールの終了

Exitを押してインストールを終了します。
最後にわすれないように…

CD?ROMのアンマウント

# umount /mnt/cdrom

/etc/redhat-release を戻しておきます。

# mv /etc/redhat-release.org /etc/redhat-release
mv: `/etc/redhat-release' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 3.4 (final)

#navi(../)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS