#navi(Fonera/La Fonera のDD-WRT化) 
#navi(../)



-La Fonera のDD-WRT化
-
- 
-
-1.    PC作業用PCの準備... 1
-
-2.    LaFoneraの機器、ファームウェアのバージョンの確認。. 1
-
-3.    ケーブルの購入... 1
-
-4.    LaFoneraとシリアルケーブルの接続... 1
-
-5.    DD-WRT流し込み作業... 5
-
- 
-
-作業用PCの準備
- 
-
-の機器、ファームウェアのバージョンの確認。
-機器                            [                                            ]
-
-ファームウェア                 [                                            ]
-
- 
-
-
-カモン社 9-KE
-
- 
-
-とシリアルケーブルの接続
- 
-
-ケーブルの準備
-(参考:このケーブル(9-KE)は製造された時期によってケーブルの色が異なるようで、以下のいずれかのパターンになるようです。)
-
-
-
- 
- 黒: 
- RxD
-  
-  
- 黄: 
- RxD
- 
- 
- 橙: 
- TxD
-  
-  
- 赤: 
- TxD
- 
- 
- 茶: 
- GND
-  
-  
- 緑: 
- GND
- 
-
- 
-
-LaFoneraの内部、ピンの配列図
-
-
-
-
-1.         9-KEの携帯電話側のコネクタを切り落として外側の被覆をはがす。
-(カッターナイフをガスバーナーで加熱して被覆のまわりを1周させるように切ると、きれいに剥けます。)
-
-2.         アンテナを外す。
-
-3.        La Foneraの裏蓋を開けます。(開けるとこんな感じです。)
-(中の基板を固定されておらず支えるものが何もないので、変な方向から力をかけて基板を壊さないように注意が必要です。)
-
-
-4.         ピンのピッチがIDEコネクタと一緒なのでIDEコネクタを流用して手製コネクタを作成することもできます。
-
-
-5.         IDEコネクタをピン5つ分の幅で切り取ります。
-(かなり硬いプラスチックでできていて、カッターやのこぎりで切ろうとするとなかなか切れないので、赤熱させたカッターで切断します。両側から2mmずつくらい切り込んで、折るときれいに割れます。)
-
-↑最終的には収縮チューブを被せ仕上げます。
-
- 
-
-6.         さらにその後、ホットボンドを充填して強度アップを図ります。
-← 接続してみたところ
-
-7.         IDEコネクタがない場合、そのまま半田付けすることもできます。
-
-
-8.         シリアルポート接続の確認。
-シリアルケーブルを作業用PCのシリアルポートに接続する。
-TeraTermProを起動する。
-「新しい接続」パネルで[Serial]のラジオボタンをONにする。
-
-9.         シリアルポート設定
-
-ポート                [                     ]
-
-ポー・レート          [                     ]
-
-データ               [                     ]
-
-パリティー                      [                     ]
-
-ストップ              [                     ]
-
-フロー制御          [                     ]
-
-送信遅延           [          ][         ]
-
- 
-
-
-
-10.     ここでACアダプタをコンセントに挿してLa Foneraの電源を入れます。
-何かしらメッセージが表示されるようであればOKです。
-(30秒ほど待っても何も表示されない場合は一度ACアダプタをコンセントから抜き、1分ほどまってから再度電源を入れてみてください。何度か試してもうんともすんとも言わない場合、前段階の物理的接続が上手く行っていない可能性が高いですので、半田が隣にくっついてショートしていないか等見直してみてください。)
-
- 
-
-11.     RedBoot確認
-一度ACアダプタをコンセントから抜いて、1分ほど待ってから電源を入れ直します。
-以下のように表示されたところで [Ctrl]+[c] を押下します。
-
-
-
-+PHY ID is 0022:5521
-
-Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:##:##:##
-
-IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
-
-Default server: 0.0.0.0
-
- 
-
-RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
-
-Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug  7 2006
-
- 
-
-Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.
-
- 
-
-Board: ap51
-
-RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
-
-FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
-
-== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
-
-↑ここですかさず[Ctrl]+[c] を押下
-
- 
-
-12.     以下のように表示されたら確認はOK、続いて作業に移ります。
-
- 
-
-RedBoot>
-
- 
-
-
-
- 
-
-流し込み作業
- 
-
-①       PCでTFTPサーバーを起動してトップディレクトリにroot.fs, vmlinux.bin.l7を置く。
-
-②       foneraとPCをLANでつなぐ。
-
-③       redbootで次のようにコマンドを打つ
-
- 
-
-Redboot> ip_address -l foneraのIPアドレス(任意)/マスク長 -h PCのIPアドレス
-
- 
-
-#例
-
-# TFTPサーバアドレス → IP: 172.16.0.80 SubnetMask: 255.255.255.0 の場合
-
-# Redboot> ip_address△-l△172.16.0.85/24△-h△172.16.0.80
-
- 
-
-Redboot> fis△init
-
-Redboot> load△-r△-v△-b△0x80041000△root.fs
-
-Redboot> fis△create△-b△0x80041000△-f△0xA8030000△-l△0x002C0000△-e△0x00000000△rootfs
-
-Redboot> load△-r△-v△-b△0x80041000△vmlinux.bin.l7
-
-Redboot> fis△create△-r△0x80041000△-e△0x80041000△-l△0x000E0000△vmlinux.bin.l7
-
-Redboot> fis△create△-f△0xA83D0000△-l△0x00010000△-n△nvram
-
-Redboot> reset
-
- 
-
-④       再起動が完了し、画面が文字化けしたら成功

#navi(Fonera)
#navi(../)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS