[[FrontPage]]
#navi(../)


 Option Explicit
 
     Private FSO, Drv, TS, ForReading, TEST  '
     Private xlAPP As Application            ' Applicationオブジェクト
     Private strFILENAME, strREC As String   ' OPENするファイル名(フルパス)
     Private lngColumn, lngLine As Long      '                        '
     Const cnsFILTER = "全てのファイル (*.*),*.*", cnsTITLE = "テキストファイル読み込み処理"
     
 'メイン
 Sub ReadConfFile()
     
 
     Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
     Set xlAPP = Application                 ' Applicationオブジェクト取得
     lngColumn = 1                           ' 列の初期値
     ForReading = 1                          ' ファイル読み取りのみ可
     
     Do Until ForReading = 2
         ' 「ファイルを開く」のフォームでファイル名の指定を受ける
         xlAPP.StatusBar = "読み込むファイル名を指定して下さい。"
         strFILENAME = xlAPP.GetOpenFilename(FileFilter:=cnsFILTER, _
             Title:=cnsTITLE)
         ' キャンセルされた場合は以降の処理は行なわない
         If StrConv(strFILENAME, vbUpperCase) = "FALSE" Then Exit Sub
         ' 行読み取りの実行Fonction
         ReadLine (lngColumn)
         lngColumn = lngColumn + 1
     Loop
     
 End Sub
 
 ' ファイル読み込み関数
 Function ReadLine(lngColumn)
     lngLine = 1
     
     Cells(lngLine, lngColumn).Value = strFILENAME   ' 指定ファイルのファイル名を代入
     Set TS = FSO.OpenTextFile(strFILENAME, 1)       ' 指定ファイルをOPEN(入力モード)
     
     ' ファイルのEOF(End of File)まで繰り返す
     Do Until TS.AtEndOfStream
         ' 改行までをレコードとして読み込む
         strREC = TS.ReadLine
         ' 行を加算しA列にレコード内容を表示(先頭は2行目)
         lngLine = lngLine + 1
         Cells(lngLine, lngColumn).Value = strREC
     Loop
     
     ' 指定ファイルをCLOSE
     TS.Close
 
 End Function

#navi(../)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS