yumコマンド

<commands> コマンド 機能

yum check-update
アップデート可能なパッケージの一覧を表示
yum clean
ダウンロードしたパッケージと古いヘッダを削除する。clean allと同じ
yum clean
oldheaders 古いヘッダを削除
yum clean packages
ダウンロードしたパッケージを削除
yum info
利用可能なパッケージの情報を表示
yum info パッケージ名
指定したパッケージの情報を表示
yum install パッケージ名
指定したパッケージをインストール
yum list
利用可能なパッケージの一覧を表示
yum list installed
インストール済みのパッケージ一覧を表示
yum list updates
アップデート可能なパッケージの一覧を表示
yum provides
パッケージ名 パッケージに含まれるファイルの一覧を表示
yum remove
パッケージ名 指定したパッケージをアンインストールする。指定したパッケージと依存関係があるパッケージは、削除するかどうか確認を求める
yum search
キーワード キーワードでパッケージを検索する。検索の対象は、RPMファイルのName、Packager、Dummary、Descriptionの各フィールド
yum update
アップデート可能な全パッケージをアップデート
yum update
パッケージ名 指定したパッケージをアップデート

<Options:>

-h --help
show this help message and exit このヘルプメッセージを表示すると終了
-t --tolerant
be tolerant of errors エラーに耐える
-C
run entirely from cache, don't update cache キャッシュから完全に実行し、キャッシュを更新していない
-c [config file]
config file location configファイルの場所
-R [minutes]
maximum command wait time 最大の待機時間コマンド
-d [debug level]
debugging output level 出力レベルのデバッグ
-e [error level]
error output level エラーが発生し出力レベル
-q --quiet
quiet operation 静かな操作
-v --verbose
verbose operation 冗長な操作
-y
answer yes for all questions はい、すべての質問に答える
--version
show Yum version and exit yumのバージョンと出口を表示
--installroot=[path]
set install root インストールのルート設定
--enablerepo=[repo]
enable one or more repositories (wildcards allowed) 有効に1つまたは複数のリポジトリ
--disablerepo=[repo]
disable one or more repositories (wildcards allowed) 1つまたは複数のリポジトリを無効に
-x [package] --exclude=[package]
exclude package(s) by name or glob 除外されるパッケージ(秒)の名前またはglob
--obsoletes
enable obsoletes processing during updates 処理中にアップデートを有効に廃止
--noplugins
disable Yum plugins プラグインを無効にyum
--nogpgcheck
disable gpg signature checking gpg署名を無効にチェック
--disableplugin=[plugin]
disable plugins by name プラグインを無効にされる名前



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-03 (水) 21:45:50 (704d)