• ファイル退避
    カテゴリー: Microsoft- xoopsadmin @ 23時32分55秒
     Windows2003サーバにデフラグを実施しようと思ったが使用率が95%を超えている
    ので危険と判断しファイルをネットワークドライブ上に退避させることになりました。
    「退避させるファイルが保存されているフォルダ(A:\souce\)」
    「退避させるファイル(ファイル_A、ファイル_B、・・・)」

以上の指定を頂いたので「退避させるファイルが保存されているフォルダ(A:\souce\)」
の配下のファイルの一覧を取得。

その中から[退避させないファイルの一覧]を作成

xcopys△コピー元フォルダ△コピー先フォルダ△/s△/f△/exclude:[退避させないファイルの一覧]△/l△>△ログファイル
  • オプション指定
/s
空の場合を除いて、ディレクトリとサブディレクトリをコピーする。
/f
コピー中送り側と受け側の全ファイル名を表示する。
/exclude:[退避させないファイルの一覧]
退避させないファイルのキーワードを一行ごとに記載ワイルドカードも利用できるみたいですが今回は念のためフルパスで記述。
/l
ヘルプには「コピーされるファイル名を表示します。」と書かれていてややこしいのですがテストを行ってその結果を表示する動作を行います。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-03 (水) 21:45:50 (704d)