Oracle Linux 6.3 サーバ設定

サーバ初期設定

 

1       サーバ初期設定

1.1       YUMセットアップ

1.1.1   Unbreakable Linux Network サポートなしの Oracle Linux インストールの場合は、
Oracle Public yum
サーバーと yum クライアントを使用して更新をインストールします。
方法はhttp://public-yum.oracle.com/に記載されている通りです
[root@dbsrv01 ~]# yum update
※初回だとかなり大量にアップデートされます

1.1.2   OracleDatabaseのインストールに必要なパッケージをあらかじめインストールしておきます。
[root@dbsrv01 ~]# yum install binutils compat-libcap1 compat-libstdc++ gcc gcc-c++ glibc glibc-devel ksh libgcc libstdc++ libstdc++-devel libaio libaio-devel make sysstat

1.2       FireWallSELinuxの機能を停止しておきます。

1.2.1   FireWallの停止
[root@dbsrv01 ~]# /etc/init.d/iptables stop
iptables:
ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]
iptables:
チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter         [  OK  ]
iptables:
モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]

 

1.2.2   iptables起動の無効化
[root@dbsrv01 ~]# chkconfig iptables off
[root@dbsrv01 ~]# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

1.2.3   SELinuxの停止
[root@dbsrv01 ~]# getenforce
Enforcing
[root@dbsrv01 ~]# setenforce 0
[root@dbsrv01 ~]# getenforce
Permissive

1.2.4   SELinuxの無効化
[root@dbsrv01 ~]# cat /etc/selinux/config
↓変更後
SELINUX=disabled

1.3       Guest Additionsのインストール

1.3.1   VMメニュー「デバイス」-Guest Additionsのインストール」

1.3.2   ターミナルから操作して「Guest Additions」のCDをマウントしなおす
[root@dbsrv01 ~]# mount
/dev/sr0 on /media/VBOXADDITIONS_4.2.6_82870 type iso9660 (ro,nosuid,nodev,uhelper=udisks,uid=0,gid=0,iocharset=utf8,mode=0400,dmode=0500)
 [root@dbsrv01 ~]# mount -o remount exec /media/VBOXADDITIONS_4.2.6_82870
 [root@dbsrv01 ~]# mount
/dev/sr0 on /media/VBOXADDITIONS_4.2.6_82870 type iso9660 (rw)

1.3.3   Guest Additions」インストールスクリプトの実行
[root@dbsrv01 ~]# /media/VBOXADDITIONS_4.2.6_82870/VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.2.6 Guest Additions for Linux..........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
The headers for the current running kernel were not found. If the following
module compilation fails then this could be the reason.
The missing package can be probably installed with
yum install kernel-uek-devel-2.6.39-300.17.3.el6uek.x86_64

Building the main Guest Additions module                   [
失敗]
(Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.10 modules                       [  OK  ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]
[root@dbsrv01 ~]#

1.3.4   失敗したので「yum install kernel-uek-devel-2.6.39-300.17.3.el6uek.x86_64」で要求されているパッケージをインストール
[root@dbsrv01 ~]# yum install kernel-uek-devel

1.3.5   Guest Additions」インストールスクリプトの再実行

2       Oracle Databaseのインストールの準備

2.1       参照:「Oracle® Databaseクイック・インストレーション・ガイドhttp://docs.oracle.com/cd/E16338_01/install.112/b56277/toc.htm

2.1.1   /etc/hostsファイルの設定

2.1.2   Oracle ODBCドライバのインストール
unixODBC
unixODBC-devel
[root@dbsrv01 ~]# yum install unixODBC unixODBC-devel

2.1.3   oinstallおよびdbaグループを作成します。
[root@dbsrv01 ~]# /usr/sbin/groupadd oinstall
[root@dbsrv01 ~]# /usr/sbin/groupadd dba

2.1.4   oracleユーザの作成
[root@dbsrv01 ~]# /usr/sbin/useradd -g oinstall -G dba oracle
[root@dbsrv01 ~]# passwd oracle
ユーザー oracle のパスワードを変更。

2.1.5         インストールディレクトリの作成
[root@dbsrv01 ~]# mkdir -p /u01/app/oracle
[root@dbsrv01 ~]# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle
[root@dbsrv01 ~]# chmod -R 775 /u01/app/oracle

2.1.6       カーネル・パラメータの構成

2.1.6.1           /etc/sysctl.confファイルに行の追加および編集をします。
fs.aio-max-nr = 1048576
fs.file-max = 6815744
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 536870912
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576

2.1.6.2           /etc/sysctl.confファイルに対して行った変更がアクティブなカーネル・メモリーで有効になるようにします。
[root@dbsrv01 ~]# /sbin/sysctl –p

2.1.7       ソフトウェア・インストール・ユーザーのリソース制限

2.1.7.1           次の行を/etc/security/limits.confファイルに追加
oracle              soft    nproc   2047
oracle              hard    nproc   16384
oracle              soft    nofile  1024
oracle              hard    nofile  65536
oracle              soft    stack   10240


2.1.8       OracleユーザでDatabaseのインストール準備

2.1.8.1            ORACLE_BASEおよびORACLE_SID環境変数を設定
[oracle@dbsrv01 ~]$ ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
[oracle@dbsrv01 ~]$ ORACLE_SID=orcl
[oracle@dbsrv01 ~]$ export ORACLE_BASE ORACLE_SID

2.1.8.2           .bash_profile」に記述
[oracle@dbsrv01 ~]$ vi .bash_profile
#2011/11/12 ORACLE install
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_SID=orcl
export ORACLE_BASE ORACLE_SID

2.1.9       Oracle Database」をダウンロードしてサーバ上に保存する

2        補足
VirtualBox
上のOracle LinuxOracle Databaseを稼働させていた場合、hostであるWindows 7 IEから
Enterprise Manager
にアクセスしようとすると「
このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)」をクリック
してもアクセスできない現象が起きた

以下の情報をもとにWindowsアップデートをアンインストールすると通常通り使用することが可能になりました。

◆マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2661254)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/advisory/2661254

◆サポート技術情報 2661254
http://support.microsoft.com/kb/2661254/ja




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-03 (水) 21:45:51 (704d)