「La Fonera+」を分解せずにdd-wrtを入れる

1. 作業用PCにTFTPサーバをインストールしてディレクトリに置き換えるファームウェアを用意しておく。

  • 入手元:DD-WRT.com

    topページから [Downloads]-[obsolete]-[release candidates]-[DD-WRT v24 RC5]-[Fonera]の順にたどると以下のファイルがあります。

    その中の「fonera_flashing.txt」に作業手順が記載されていますので確認してください。

    ちなみに最新のRC7をダウンロードして「fonera_flashing.txt」に記載されたとおり作業してみましたが「fis create linux」を入力して[Enter]を押してから30分たっても更新される様子がなくそれを2回繰り返しましたがうまくいかなかったのでWeb上の他のサイトを参考にインストール実績のあるRC5をインストールすることにしました。

    1. fonera-firmware.bin
    2. fonera_flashing.txt
    3. root.fs
    4. vmlinux.bin.l7

2. 有線LANでLa Fonera+に接続して、作業用PCのIPアドレスを変更する。

IP:192.168.1.2

Netmask:255.255.255.0

3. 「TeraTerm-」や「Putty」を起動して接続先IP、ポートを指定しておき[OK]を押下するだけで接続できるようにしておく。

接続先IPアドレス:192.168.1.1

接続先ポート:9000

4. La Fonera+ の電源を切る。

5. La Fonera+の電源を入れる。そこですかさず以下を実施

ターミナルソフトの[OK]を押下して接続する。

[CTRL]+[c]を押下する。

(これをLa Fonera+の電源を入れてから2秒以内に完了する必要がある?)

6. RedBoot-のプロンプトが表示されますので以下の手順でコマンドを入力して行きます。

コマンド入力は「fonera_flashing.txt」のとおりです。

(緑の太字になっているところが入力および操作箇所です。)

== Executing boot script in 0.060 seconds - enter ^C to abort
^C

RedBoot-> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2[Enter]

IP: 192.168.1.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.2
RedBoot> fis init[Enter]
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y[Enter]
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot-> load -r -v -b 0x80041000 root.fs[Enter]

Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x802effff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -b 0x80041000 -f 0xA8030000 -l 0x002C0000 -e 0x00000000 rootfs[Enter]
... Erase from 0xa8030000-0xa82f0000: ............................................
... Program from 0x80041000-0x80301000 at 0xa8030000: ............................................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot-> RedBoot-> RedBoot-> load -r -v -b 0x80041000 vmlinux.bin.l7[Enter]

Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x80100fff, assumed entry at 0x80041000

RedBoot-> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.bin.l7[Enter]

... Erase from 0xa82f0000-0xa83b0000: ............
... Program from 0x80041000-0x80101000 at 0xa82f0000: ............
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot-> fis create -f 0xA83D0000 -l 0x00010000 -n nvram[Enter]

... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot-> fconfig[Enter]

Run script at boot: true
Boot script: 
.. fis load -b 0x80100000 loader
..  go 0x80100000
Enter script, terminate with empty line
>> fis load -l vmlinux.bin.l7[Enter]
>> exec[Enter]
>> [Enter]
Boot script timeout (1000ms resolution): 2[Enter]
Use BOOTP for network configuration: false[Enter]
Gateway IP address: [Enter]
Local IP address: 192.168.1.1[Enter]
Local IP address mask: 255.255.255.0[Enter]
Default server IP address: 192.168.1.254[Enter]
Console baud rate: 9600[Enter]
GDB connection port: 9000[Enter]
Force console for special debug messages: false[Enter]
Network debug at boot time: false[Enter]
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y[Enter]
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> save the config and do[Enter]
** Error: Illegal command: "save"
RedBoot> save the config and do[Enter]
RedBoot> reset[Enter]

~再起動されます~

以上でファームウェアの「DD-WRT化」は完了です。

無線LANで接続してhttp://192.168.1.1/にアクセスすればGUI画面が開きます。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-03 (水) 21:45:50 (704d)